それってセンスの問題?!

さっき予定よりも早く仕事が終わったので
子供たちと公園へ。

 

おじいちゃんにしつこく
公園に行こって言ってたからね。。。

 

土曜日はおじいちゃんが
よく子供たちを遊びに連れてってくれて
ホント助かっているけど
仕事が空いた時くらい連れて行かないとね。
で、近所の公園というか広場まで自転車で行き
何もない公園で久しぶりにサッカーボールを蹴った。

 

子供から、ヘディングしたいから

ボールを高く蹴ってとリクエスト。

 

首を悪くしないか、、、

なんて整体の目線になりながらも

リクエストに応えてボールを高く蹴る。

 

ても、何度蹴っても頭にボールが当たらない。

 

一度上手く頭に当たった時があって
喜ぶ前に思ったよりも痛かったみたいで
頭を抱えていた(笑)

 

センスがない
そんな子供を見ていたら
最初はセンスがないなと思ったけど
これって違うよなと。

 

センスではなく

ただ実践の量が違うだけなんじゃないかと。

 

僕自身もライティングのセンスがない、とか
スピーカーとしてのセンスがない、とか

治療家としてのセンスがない、とか
よく思っていたけど
センスがないのではなく

知識が足りないだけ。

 

センスはある一定のラインより

上に行かないと分からないもの。

 

センスが必要なラインまで行ってもいないのに
センスがない、という言い訳をしていただけなんだよね。
これに気づいたスッキリした。

 

実践の量の問題なら
誰にでもチャンスがあってやればいいだけだからね。

 
よくアウトプットするには
インプットが10倍必要だというけど
その通りかもなと。

 

ブログの文章が上手く書けない、、、

と、今まで何度もブログに書いてきたけど
これもインプットの量が足りないだけ。
話をするのもセンスがなくて

上手く話せないと思っていたけど

インプットの量があれば

上手く伝えられるかもしれない。

 

たまに人から関心される時もあるからね。
何度も書くけど

今まで上手くできないと思っていたり
自分にはセンスがないからと思っていたのは
ただの思い込み、というか言い訳。
これは整体でも同じことが言えて
センスがあればもっと知識がついたよなと思ったけど
ただやってなくて知識がなかっただけ。

 

クライアントさんに上手く伝えられないことをセンスがないからなんて言い訳をしていただけだね。
ということで、10倍のインプットと言わずに
インプットの量を増やしていこう。

 

かすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です