その後、、、

母の体調が徐々に良くなってきたので、家事をする必要もなくなってきたので、もっと整体院をどうにかしたいと思い、まだ技術が足りないから患者さんが来てくれないんだ、と思ってある人に弟子入りしようと紹介してもらう。しかし、その人の足代わりになるだけで何かを教えてくれるわけでもない。そしてこの人とは合わないと思い数ヶ月で辞める。

それ以来、信用できる人がいないと思い治療は誰かに習うよりも自分で追求していこうと決意。

決意したのはいいが、何をやっていいか分からない。

そんな時に自宅の本棚を見ていたらある本の題名に目が引かれた。その本を読むと自分の求めていたことが書いてあった。共感したのでその人が書いた本にはまってしまった。今思えばよくありがちな自己啓発なのに。

その本を読むまでは本を読んだのは夏休みの読書感想文くらい。それもできるだけ文章の少ないものを選んでいたのでほとんど読んでいない。文章を丸写しくらいだった。

だから、本が面白いと思ったのもこの時が初めて。これなら自分でも読めると図書館で自己啓発や経営の本を借りれるだけ借りてひたすら読んだ。そして、売上を上げるために使えそうなものがあればとにかく使った。

そしてまた、読むの繰り返し。結果なんてすぐに出ない。10年はコツコツ努力しようと決意して行動。

しかし、収入はないままで本さえ買えない状態なので、思い切って市場で野菜を運ぶ深夜のトラックのバイトを見つけ夜はバイト、昼は整体の生活がスタート。昼間はほとんど本を読んでいました。仕事がないので、、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です