すべての経験が糧になる。

昨日は、久しぶりに家族で牧場へ。

前回牧場に行ったのは四日市だったから夏以来だね

(その時の記事はこちら)。

 

妻と子供は動物が好きみたい。

夕ご飯の時も動物の話題で盛り上がってたからね。

 

ちなみに次男は動物よりもトラクターに興奮していた。

(アイキャッチの写真がトラクターに乗っている次男)

 

トラクターに乗ると夢中になって

ハンドルやアクセルを踏んで楽しんていた。

 

他の子が乗りたくて待っていても

全く気にすることもなかった。

 

ま、子供はいつも気にしてないかもしれないけど

大人になると他の人が待っているというだけで

自分の気持ちを我慢して他の人を優先してしまう。

 

乗り物好きな次男のように

自分が好きなことなら

相手を長い時間待たせて

楽しんでもいいと思うんだけどね。

 

好きなことをやっているんだから

相手が気を使えばいいんじゃないかと。

 

これも思いやりだよね。

 

 

ま、こんなことを言う大人は少ないと思うけどね。

 

 

 

そういえば、妻から

「全く動物に触ってなかったよね・・・」と突っ込まれた(笑)。

 

あ〜確かになと。

ということは無意識で触らなかったということ。

 

それで気づいたんだけど

動物には全く興味がないみたい。

 

妻や子供たち、その場にいる人を

見ていた方が楽しい。

 

人を中心にして動物を見ているのかなと。

動物だけを見て興味が湧くことがなかったからね。

 

 

やっぱり人が好きなんだなと再確認。

 

一方で、触っておけばよかったとも思ったけどね。

 

せっかくその場にいたんだから

自分の好きではないことでも

チャレンジした方が器を広げてくれると思うんだよね。

 

それに家族と同じ感覚を共有できて

話にも参加できるしね。

 

やっぱり何でもやってみるってことだね。

 

今まで動物園や牧場など

動物がいるところに何度も行っているけど

子供たちの接し方が毎回変わってきて面白い。

 

前は怖がって触ろうともしなかったのに

今回は積極的に餌をあげていた。

顔がこわばって腰は引けてたけどね(笑)

 

そんな子供の姿を見て

同じ体験でもステージによって

得られるものは違うなと。

 

自分の成長段階で違った経験を積めるからね。

 

新しいことにチャレンジするのも成長。

経験したことに再度チャレンジするのも成長。

 

結局何をやっても成長できるということ。

 

とにかく、何でもやってみるということだね。

 

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です