これがないと目標設定の意味がない。

整体院を開業してから13年。

今年で14年目だが、9年間はアルバイトをしながら施術をしていた。

 

アルバイトをしながら思い続けたのは

アルバイトをせずに生活したいというもの。

 

多くの人から見ればとても小さな目標。

 

 

実際に今はそれが叶い、もう4年間整体院の収入で生活できている。

 

ただ、4年間生活できたからといって

この先も生活できるとは限らない。

 

うちのような一人でやっている規模なら

いつ生活できない状態になってもおかしくないからね。

 

きっとそんな不安もあって

セールスコピーやマーケティングの

勉強にハマったんじゃないかな。

 

 

で、この不安がクセモノ。

 

アルバイトを辞めてから

4年間は整体院の収入で

生活はできているが進歩もない。

 

個人的には整体スクールを始めたり

その勉強会を開催したり

人にアドバイスができるようになったのは大きな収穫。

 

ただ、ビジネスとして考えた時には進歩がないなと。

 

なぜ、進歩がないのかというと

 

・目的地に向かう理由がないから、かなと。

 

意識しているわけではないけど

気持ちのどこかで、今の生活を続けることを

目標にしてしまっているような気がする。

 

それが良くないわけじゃないけど

成長したい自分には合わない考え方。

 

じゃあ、どうするのか?

 

答えは簡単で、理由を明確にしてから

目的地に向かって行動するということ。

 

理由を明確にして、と付け加えたのは

上辺だけだといつまでたっても

目的地までいくことはできないから。

 

これは僕が9年間アルバイトを経験したから言えること。

 

結婚を機にトラック運転手として就職。

1年半で自分には合わないという理由で辞める。

 

会社を辞める時には2人目がお腹の中にいたから

いつまでもアルバイトをしているようじゃ

子供たちを養っていけない、と思い

理由が明確になりスイッチが入った。

 

それから約2、3年で

整体院の売上が上がり

アルバイト辞めることができた。

 

きっと子供を養っていくという理由がなかったら

今もアルバイトをやりながら

整体院を続けていただろうね。

 

ということは、今の状況が4年間続いて進歩がないのは

目的地に向かう理由が明確になってないということ。

 

描いている目的地にいくには理由が必要。

逆に言えば理由があれば

目的地にいくことができるということだ。

 

そのためには自分を知ること。

これからどうしたいのか。

本当に自分がやりたいこととは何か?といったもの。

 

そこさえ分かれば

目的地まで最短距離でいくモノだと思う。

 

ちなみに、今年の大きな目標にしている習慣化。

この習慣が続けれれば

コアなものが分かると思う。

 

コアな部分を見つけるためには

行動しかないので。

 

とうことで、理由を見つけるために

まずは行動していこう。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です