この手術って必要?

最近は折込チラシを入れたことで新規の方が多い。

今日の最後も新規の方。

 

症状は足のしびれ。

 

接骨院や整体に通ったけどほとんど効果がない。そこで病院に行って検査。背骨の間が狭まっているのが痺れの原因ではないかということで手術をした。だが、シビレは今も取れていない。いつも話を聞いて思うことだけど、痛みや痺れがある人が、なぜ病院や接骨院に行って治療しているのに改善しないのだろう?と思う。

 

で、一通り話を聞いて体のチェックをしてみると、、、あ、やっぱりね、となった。

 

というのも、からだをチェックしていくと、お尻、太もも、ふくらはぎの筋肉が硬い。本人も自覚しているし、歩き方を見ればかなり負担がかかっているのが分かる。筋肉が硬いのは体にとっては不自然。じゃあ、まずは筋肉から緩めることが必要ということで筋肉をほぐした。

 

病院でもレントゲンやMRIを取らずに、まずは体を全身触っ方がいいのにな〜〜なんて思ったりもする。

 

本人は接骨院に行っても整体に行っても、足の痺れの原因は背骨と言われたらしい。だから、病院では背骨の手術をしたし、接骨院では背骨動かしたと言っていた。

 

整体の専門学校でも、足のしびれは背骨の間が狭まって神経に触れて出ると習った。だけど、そもそも本当なのか、と疑がってしまう。もし、本当に背骨が原因なら手術をして痛みやシビレが取れるはずだからね。

 

ということで、今日の施術は硬くなった筋肉をほぐして終了。1年以上も痺れが出ていたものがいきなり改善するわけがない。だから、これから体の様子を一緒に確認しながら改善して行こうと思う。結果はどうなるかまだ分からないけど、まずは緊張が強い筋肉をほぐすことが最優先。

 

痛みのひどい人を何人も見てきたけどほぼ全員と言っていいほど筋肉の緊張が強い人が多い。その中で筋肉の緊張が緩んだ人は痛みが改善していく傾向にある。逆に改善していかない人は筋肉の緊張が取れない人。とてもシンプル。

 

もし、痛みや痺れで悩んでいるなら、まず手術をするのではなく筋肉が硬くないかチェックすることから始めるのも一つの方法です。

 

粕谷

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です