こうじゃなきゃいけない、、、と決められるとその逆を行きたくなる。

ブログで何度も書いてるように

文章がうまく書けないなと思うことがよくある。

 

なぜ書けない、という思い込みがあるのか。

それは基準にしている書き方があるから。

 

その書き方は

コピーライティングのセミナーで習ったもの。

 

お客さんとの関係性を作るための書き方の型があるのだが

これに当てはめて書こうとすると

これが書けない。

 

型にはめて書くと

誰でも読まれるブログを書けるはずだが

僕にはどうも書けないみたい。

 

整体院のブログだとその書き方はできるのに

このブログになるのとどうもフィットしない。

 

価値観が合ってないのかなと。

 

このブログのでは

誰かに教えるというものではなく

僕がしている行動を書いていくことで

読んだ人が何かを感じてくれればいいと思っている。

 

 

だから、集客の方法とか整体技術のノウハウとかを

書いても面白くないなと思う。

 

それだった自分でやってみてこんな成果が出ましたよ。

と書いた方がいい。

 

ま、結果は一緒なんだけどね。

 

僕は誰かにやり方を教えるタイプではないので

そんな考え方の方が気がラク。

 

今までの経験を振り返っても

誰かに方法を教えたことはほとんどない。

 

整体スクールで技術を教えるくらいかな。

 

学生の頃は勉強ができた訳ではないので

勉強を教えた記憶はないし

得意だった運動でも

誰かに聞かれることもなかったし

自分から教えることもなかった。

 

 

教えるタイプじゃないんだよね。

 

僕ができるのは興味を持ったことを

実際に「自分」でやってみること。

 

これだけ。

 

ブログに書く内容も

何か理屈をこねるのではなく

「これをやってみた・・・」

という単純なことを伝えることの方が楽しいなと。

 

ま、そう考えると

自分以外の人に興味がないのかもしれない。

 

人に「これやってみたら」と勧めるのも

よく考えると自分がやりたいものだったりすること多いしね。

 

ごちゃごちゃ書いたけど

ブログを書くなら好きなように書けばいい

ということかな。

 

こうじゃなきゃいけない、、、と決められると

その逆を行くのが自分だからね。

 

僕らは自由なのだから

自由に生きればいいんじゃないかなと思う。

 

当たり前なことなんだけど、これが気付けないんだよね。。。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です