お客さんは選んだ方がいい。

昨日は新規の人が来院。

 

カルテを書いてもらう時

「住所とか書きたくないから、治療に関係するところだけでいいですか?」

と言われました。

 

このパターンか・・・

 

その時点で帰ってもらおうかと。

 

なぜなら、今までに

住所などの個人情報を書きたくないと言った人で

うまくコミュニケーションが取れた人が

人がいなかったからです。

 

整体はコミュニケーションが取れて

いい関係が作れないと

価値を感じてもらうことはできませんし

お客さんが望む結果を出すこともできません。

 

価値を感じてもらえないということは

クレームを言われるリスクも高くなります。

 

なので、すぐに断ろうかと思ったのですが

話を聞くうちに断るタイミングを逃してしまいました。

 

まあ、そうなったのなら

修行だと思ってやるしかないなと。

 

施術はできるだけクレームのないように

慎重に丁寧に最新の注意を払って終えました。

 

でも、不満そうな顔。

やっぱりやらなきゃよかった・・・ですね(笑)

 

 

結局コミュニケーションを取れない人に

価値を分かってもらうことはできません。

 

今回のようにクレームの心配をしながら施術をするだけです。

 

これはお互いに嬉しくない状態。

これなら早く断った方がお互いの為です。

 

経験から個人情報を書きたくないという人は

施術をしない方がいいです。

リスクしかありませんから。(苦笑)

 

とまあ、今日はこんな感じで書きましたが

何が言いたいかというと

お客さんは選んだ方がいい、ということです。

 

お客さんの望む結果を出したいと思って仕事をするのと

クレームを避けたいという気持ちで仕事をするのでは

どちらがやりがいのある仕事か、

こんなことは考えなくても分かります。

 

なので、お互いが嬉しくなるには

施術するお客さんを選ぶことです。

 

せっかく、自営業でやりがいのあることを仕事にするのですから。

 

では、今日はここまで。

 

かすやゆうぞう

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です