ありのままの自分を見せる

おはようございます。粕谷雄三です。

今日は3時半に起床。いつものように1日の行動を確認して体のリサーチ。そして今ブログを書いています。

毎朝、何も考えなくても同じような行動ができるのはいいですね。考える作業が入るだけで、行動が遅くなったりして時間を無駄にしてしまうのでこのルーティンは自己成長するためには必要ですね。

朝は貴重な時間なので時間がかかっているライティングのスピードを早くできないかと考え中。

今まで1年間ブログを書いてきて、どうしたら早く書けるのかと考えていたのですが、たぶん頭で考えて書くと書く時間がかかるんじゃないかと。なので、何も考えないで書くことが早く書くコツだと気付きました。

ライティングの時間がかかる時は、分かっていないことを伝える時だったり、何か人に教えようと思う時です。最近だとセミナーで聞いいた内容を書こうとした時に時間がかかりました。

早く書くためには考えずに書くこと。

今日のブログの出だしのように朝4時に起きて・・・と言うのは実際にあったことなので考えずに書ける内容。これなら頭を使わずに書くことができますのでこれなら早く書くことができます。

何かを勉強してて、それを伝えるときに時間がかかるのならまだ自分の中で消化できていないということです。

結局は経験でしか書けないということです。

まあ、ライティングの上手な人は経験してないことも上手に書くことができるのだと思うのですが、僕の場合は体の細胞が覚えてないことは書けないので、何も考えずにブログが書けたらと思いますね。

これもブログとメルマガ両方書き続けているから気付けたもの。

メルマガだとすらすら書けるのにブログになるとすらすら書けない、、、これはどういうことなのかなと疑問に思っていました。

その答えは、ありのままで書けるか、背伸びをしないで書けるかだけでした。

どんな下らない内容でもありのままを書く。それがいいのかな。誰かに読んでもらうことを意識すると自分を大きく見せたくなったり、へりくだって見せたくなったりします。

でも、ある人がいうにはそれは両方ともナルシストだと。

ありのまま、等身大の自分をそのままだすことが重要だそうです。

コピーライティングを勉強したときに「見せ方、どこに光をあてるか、これが大事」ということを習ったので自分をどう見せたらいいのか、と一時期思っていたのですが、今は自分を大きく見せるとか、へりくだって見せるのかしないように意識しています。

見せ方を意識していて、作ってる人はなんだか窮屈に生きてるように見えたので、褒められようが批判されようが構わずにありのままの自分で表現したいですね。

結構、ここを出すのはありのままの自分を批判されることになるので、恐怖心はありますが意識して繰り返すことで慣れるのかなと思います。

自然体でいる人は魅力があるので、僕もそうなりたいですね。

ーかすやゆうぞう

 

PS:

今1200文字くらいですが、30分かからないくらいで書けました。

目標はこれを15分で書くことでね。これも練習して今年中にはできるようします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です