「まずは粕谷さんに喜んでもらえたらな〜って、思うんですよ・・・」

昨日は、台風の中トレーニングメニューを考えるためにトレーナーの星野さんが来てくれた。

 

内容があまりに整体院といか僕の問題解決にフィットするので「整体師向けにオンライン講座で販売したら売れるんじゃないですか?」と興奮気味に提案した。

 

でも、星野さんはその話にはあまり興味がないのか反応が帰ってこない。

 

少し間をおいて

「まずは粕谷さんに喜んでもらえたらな〜って、思うんですよ・・・」と一言。

 

目の前のことではなく

先のことしか見えなくなっている自分に気づいた。

 

これはよくあること。

僕は目の前のことよりも

先のことに夢中になってしまうことがよくある。

 

今まで投資して回収できないものはすべてこれ。

 

だから、まずは焦らず

目の前のことに集中することを

再確認させてもらった。

 

なぜ飛躍するか?

 

考える作業って楽しいから

飛躍して先のことを考えたほうが

楽しいし、魅力を感じる。

逆に、あと形にするだけになると

やるだけなので魅力がなくなる。

 

セミナーで勉強しても成果が出ない人って

知識をつけるだけで行動しない。

 

知識を入れるのが好きなだけ。

いわゆるノウハウコレクターというやつだ。

 

でも星野さんは目の前のことにフォーカスしていた。

 

着実に一歩一歩目の前のことに

意識を向けていた。

 

きっと、こういう人が

成果を上げていくんだろうなと

感じることができた。

 

成果を上げている人の多くは

ゴールに向かって目の前のことをやり続けた人。

階段を1段ずつ登れる人とも言える。

 

僕は先を急いでしまうので

2、3段抜かしをして

途中でつまずくか、エネルギーがなくなってしまう。

着実にが得意ではない。

 

なので、星野さんのその姿勢はとても参考になる。

 

コアバリューを書き出して

マスタープランを作っても

一歩一歩進まないとゴールには行くことができない。

 

なので、ゴールを作ったら

目の前の現実にフォーカスする。

そして全力で行動する。

 

これだなと。

 

もし、あなたが行動しているのに

成果が出ないのならまずは目の前のことを

一つずつやってみてはどうでしょうか?

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です