「そば」と「カツ」

先週から、ランニングを始めた。そしてプチ断食同時に開始。日課を増えて4日が経った。毎日のランニングで体の疲労は溜まっているが調子はいい。プチ断食も朝食を抜くというもでお腹周りがスッキリしていく感覚がある。習慣化できれば理想の自分にまた1歩近づける。

 

で、午前中の施術のあと、妻が出かけていなかったのでジムに行くついでに外食をすることにした。そのお店は子供の頃から家族でちょくちょく行っていたお店。注文するのは決まってトンカツ。カツ丼、カツ定食が多かったかな。あ、たまに天丼を食べたような気がする。これ他にもメニューはたくさんあるが昔から興味が湧かない。

 

でもプチ断食の昼はカツは胃腸への負担が大きいから負担を少なくするためには蕎麦がベスト。それがなければうどん、もしくはきしめんがいいのかなと。でも、お店に着くと予想通りカツ丼かカツ定食が食べたくなった。蕎麦を食べると決めてたのにメニューを見てカツ丼とカツ定食をチェック。

今日くらいいいんじゃないのか、、、と聞こえてくる。しかし、この後のジムや初日にガッツリと食べたことで胃腸の不快感を感じたのを思い出すと、やはり蕎麦だろうと。

 

葛藤を長く続けても仕方がないので、店員さんを見た。店員さんもずっと気にしていたようで近寄ってきた。カツ丼を頼もうとする気持ちを押さえつけ蕎麦を注文。注文したら受け入れるしなかないので気持ちの整理ができたかというと、何だかなスッキリしない。

 

蕎麦が運ばれ蕎麦を食べながらも、まだカツにしておけばよかったのかも、、、とカツに未練か残る。この選択があってたのか、自問自答を続けた。

 

体にいいはずなのに体に悪い気がする。胃腸にはいいかもしれないが自律神経の働きから見ると交感神経優位が続いているような気分。普通なら食事を取ると副交感神経優位になリラックスするはずだが、できてない気がする。

 

自分の中で区切りをつけたかったので、再度カツ丼を注文するために近々行こうと決意。食べたいものを食べるのが本当の健康なのか、ストレスを溜めながら体にいいと言われるものを食べた方体の反応がいいのか、これは経験あるのみ。

 

ただ、今日の食後の体調はよかった。。。直後のジムでは普段通りにメニューをこなし不快感もなかった。これなら蕎麦が正解に近い気はするが、感情面が満たされないのでやってみて結論をだそう。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です